私は学生時代、野球部に所属していました。
私のチームは県内ではまあまあの中堅校、ただ、毎年、甲子園が見えてくるくらい勝ち進むと強豪校とぶつかり、敗退、といった感じで私の時も全く同じでした。
特に、全国でも屈指の強豪校である県内のT高校とはどういうわけかよく対戦するものの私が卒業してからもほとんど勝つことができていませんでした。
なお、母校の監督は私と同級生です。

今年の夏の甲子園大会の予選が始まる前に彼と話したときは「今年はいつもより弱い。ただ、粘り強い」と言っていました。
そして、今年も因縁のT高校とぶつかりました。T高校は今年も優勝候補の筆頭です。
試合は序盤から母校はピンチピンチの連続で、徐々に点差も広がり、そのまま、今年もダメか、と思ったところで、終盤に見事に逆転に成功し、勝利を収めました。
試合後、スタンドの応援団も選手も優勝したような騒ぎになりました。
私もいいトシして目頭が非常に熱くなりました。
ここで終われない、という選手の執念が奇跡を起こしてくれたのかな、と非常に嬉しくなりました。